鍵紛失した時に早急にやるべきこととは何
スムーズに警察署に届け出を申請するために
鍵紛失以外にも失くしてしまった時の対処法
鍵紛失をしたけど忙しくて警察署に行けないそんなアナタへ

鍵交換の大切さについて知ろう

鍵以外の物も一緒に紛失した場合

女性

鍵紛失だけでなく、財布やカードなどを紛失してしまった場合は注意が必要になります。財布やカードには個人情報を特定できる情報があると、大きな事件に繋がる危険性があります。トラブルが大きくならないためにも、対処方法を紹介します。

財布も一緒に紛失してしまった人の体験談

一人暮らしなのでとても不安でした(20代/女性)

鍵と一緒に免許書を紛失してしまいました。免許書には個人情報が掲載されていて、悪用されないか心配になりました。また、一人暮らしなので、住所などの個人情報が漏れて大きな事件に発展しないか防犯面に関してもとても不安に感じました。失くしてしまった物の紛失届を提出するために警察に行くと、相談に応じてくれて、自宅周辺をパトロールしてもらうことになりました。その他にも、家の近くの交番に声を掛けて一緒に帰ってもらいました。

鍵交換は絶対に行ないましょう

鍵開けをしてもらった後に、紛失届を警察に提出したからもう大丈夫と思っている方もいます。しかし、警察に行ってもまだやることがあります。万が一に備えて防犯対策として鍵交換をしましょう。本当に安心した生活を送るためには鍵交換が必要です。

鍵紛失が大きなトラブルに繋がる恐れ

鍵紛失をした際は、防犯上の観点から必ず鍵交換をしておいた方がいいでしょう。中には合鍵があるので大丈夫と思っている方がいます。そのため、鍵交換をせずにそのままにしてく方も多いようです。落とした鍵は拾った人が警察署に持っていく場合もありますが、中には空き巣として入る人もいます。また、紛失した鍵だけでは自宅を特定されることはないだろうと、そのままにしておく方がいます。しかし、空き巣犯に顔を覚えられてしまうと家に侵入されてしまい、貴重品を盗まれてしまう危険性があります。

TOPボタン