鍵紛失した時に早急にやるべきこととは何
スムーズに警察署に届け出を申請するために
鍵紛失以外にも失くしてしまった時の対処法
鍵紛失をしたけど忙しくて警察署に行けないそんなアナタへ

自宅の鍵を開けるためにやるべきこと

鍵紛失時の対処は迅速に行なう

女性作業員

鍵紛失の対処は迅速に行なう必要があります。しかし、人によっては鍵紛失をしてしまったことにより混乱してしまう場合もあるでしょう。そこで、パニックにならずに対応できる対処法を紹介します。

早急に鍵紛失対策をする方法

大家さんや管理会社に連絡する
鍵紛失をしてしまった場合は、まず大家さんか管理会社に合鍵を貸してもらうように連絡してみましょう。ですが、大家さんが離れているところに住んでいたり、管理会社で鍵を持っていなかったりすることもあります。また、深夜であれば連絡が取れないこともあります。そのため、ベランダから侵入される方もいますが、足を滑らせて落ちてしまう危険性があります。そうならないようにするために、管理会社が鍵を持っていない場合や大家さんが近くに住んでいないときは、家族や信頼できる友人などにスペアキーを預けておきましょう。
鍵屋に鍵開けを依頼する
大家さんや管理会社に鍵開けをしてもらうだけでなく、鍵屋に開錠してもらう方法もあります。一般的な開錠であれば5000円くらいで開けてもらうことができます。ただし、深夜手当てや別途出張費でプラス料金が発生することもあるので注意しましょう。鍵開けに対応している業者はネットで検索をすると、自分が住んでいるエリア内にある業者を見つけることができます。鍵紛失してからでは混乱してしまい優良な鍵屋を見つけるのは難しいです。予め失くしたことを想定して、調べておくことがポイントです。

鍵屋を利用する際の注意点

鍵屋に依頼する際には、現金やクレジットカード、身分証明書を用意しておくことが大切です。鍵屋に依頼するとなると、作業が完了した後に料金を現金で支払う必要があります。しかし、鍵屋によってはクレジットカードでも支払うこともできるので、現金を持ち合わせていない場合は、カードで支払うことができるか事前に確認しておきましょう。ちなみに身分証明書は、依頼した人がその家の住人かどうか確認するために必要になります。

鍵紛失した旨を報告する

鍵紛失をして鍵屋に鍵開けをしてもらい家の中に入ることができれば、一安心です。しかし、それだけではトラブルを解決したことにはなりません。鍵紛失のトラブルを早く解決するためにも、予めするべきことを確認しておきましょう。

紛失の報告先

賃貸住宅の場合は鍵の複製も事前許可が必要です(不動産業者)

賃貸マンションやアパートを借りると、鍵を2個か3個渡されます。本来であれば4個あるのですが、大家さんや管理会社で所有しなくてはなりません。そのため、鍵を家族や恋人に預けるために、合鍵を作る方も多くいます。しかし、現在はほとんどの賃貸契約で合鍵を複製するのは禁止されています。また、鍵紛失した場合でも複製を禁止しているところもあります。万が一鍵の複製を行なう場合は、事前許可が必要になります。

警察に紛失届を出すのも忘れないで下さい(アパート経営者)

鍵紛失した場合、管理会社や大家さんに連絡することも大切ですが、警察に紛失届を提出するのを忘れないようにして下さい。紛失届は警察だけでなく近くの交番や駐在所にも提出することができるので、鍵を失くしたら速やかに紛失届を提出して下さい。紛失届を出しておけば、誰かが鍵を拾って警察に持ってきてくれるかもしれません。あらかじめ提出しておくことで、鍵をなくしてもスムーズに受け取ることができます。

TOPボタン